オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/09/15 - 最終更新日:2015/09/15

盛りだくさんのインターンシップ就活テクニックも学べちゃう!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

88盛りだくさんのインターンシップ-就活テクニックも学べちゃう!

インターンシップは最高の企業研究の機会

大学3年生向けのインターンシップが、今年も本格的にスタートしています。売り手市場といわれる中でも、熱心な人は早くからインターンシップに積極的に参加していい企業研究をしていますね。

ホームページを見たり、印刷物を見て企業研究をするのも初期の段階ではいいですが、やはり、企業のナマに触れた形でするのが一番です。

それには、

・企業訪問
・OB(OG)訪問
・お客様として利用する

等の方法もありますが、実際に仕事を疑似体験して体感できるインターンシップは、何よりも価値ある就職活動であると思います。

他社では体験できない内容で

さて、16業種もの業種があって、60以上の職種が社内にあるオカモトグループは、インターンシップでどのような体験をしてもらうか毎年悩みます。

いろいろやってきた結果、就活生の皆さんが興味や意欲を持ってトライでき、また、普段絶対に体験できないようなものを、ということで・・・

・ブランドバッグのコピー品の見分け方
・スポーツクラブのスタジオプログラム体験

といったものをメインに、インターンシップのプログラムを構成しています。

コピー品を見抜くための様々なポイントを知り、それを実際の現物で判断していく研修では、皆 血眼になってルーペをのぞきこんでいます。また、スポーツクラブのスタジオプログラムでは、超汗だくで激しい運動を行い、たぶん皆翌日は筋肉痛で大変だろうと思います。

就活アドバイスも目玉の1つ

コピー品Gメンのような体験ができたり、運動着持参で筋肉痛を伴うようなレッスンを受けたり、こういうことを1つの企業で体験できるのが、他業種を展開している魅力でもあります。

体験はできませんが、オカモトグループの全業種のビジネスモデルを理解してもらう場もあり、様々な業種を理解できる点でも、オススメです。

それともう1つ。

就活のアドバイスをたっぷりと行うのも、就活生に大評判のようです。

心構えから、情報収集の仕方、面接のテクニックまで、3日間コースのインターンシップでは模擬面接も行って、手とり足とりやっています。

オカモトグループの事業自体が盛りだくさんなので、インターンシップもつい盛りだくさんの内容で、ぎっちり詰め込んでやっちゃうんですよね(笑)。

おまけ

「ゲーム性」をもった仕事の進め方をするのもオカモトグループの社風の1つでもあるので、インターンシップでもそういう場面があります。

ブランドコピー品の鑑定はテスト形式でやって、成績の良いチームから、お弁当を選べるんです。今回は、

・基本の のり弁当
・焼肉野菜炒め弁当
・オムライス洋食弁当

の3つを用意して選んでもらいました。

ちなみに、1位は同点だったので、チームの代表者による本気の「あっちむいてホイ」で勝敗を決めました!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。