オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/10/13 - 最終更新日:2015/10/13

諦めるのは早い!今年の就活 成功するまでやり続けよう!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

92諦めるのは早い!今年の就活成功するまでやり続けよう

学校で習った言葉は社会では違う解釈になる

学校で正解として習ったものが、社会でも同じように正解となるとは限りません。例えば当社では、こんな言葉づかいをしています。

「長所」の反対語は、「短所」ではない。
「長所」の反対語は、「改善点」である。

「短所」と言うと、その人のダメなところを言っています。同じことでも、「改善点」とすると、その人がより良くなっていくポイントということになり、全然意味が変わる。同じように、

「成功」の反対語は、「失敗」ではない。
「成功」の反対語は、「まだ成功していない」である。

という考え方もあります。

今の時期の就活に置き換えると、「内定」に対して、「もう無理だ」じゃなく、「まだ内定が出ていない」と考えればいい。

諦めない限り成功に近づいていく

「絶対に成功する秘訣がある。成功するまでやり続けることである。」

当社の教育研修等で時々使われる言葉です。

途中で諦めるから、途中でやめるから成功しない。やり続けている限りは、1センチかもしれない、1ミリかもしれないが、成功に近づいているはずです。

「内定が出るまで就活をし続ければいい。」

今年は10月の内定式後でも、多くの企業が採用活動を継続するものと見込まれています。(当社もその方針です)学内説明会や、合同説明会の案内等、当社にも来ていますので、まだチャンスがあると思っていいと思います。

今のあなたが就活生として最強です

これからの就活にかける人に、激励の意味も込めて、頑張れるかもしれない材料をお伝えします。

「就活生は就活をやるほど、確実に成長します。」

企業研究や自己分析、試験や面接をたくさん受けるわけですから、そりゃ経験値も積めますよね。だから自分は、

「今までの就活の中で今が一番最強だ!」

と、思って自信をもってやればいいんです。

実際、夏以降に新たに接触して選考している就活生の中に、この時期でもこんな優秀な人がまだいるんだ、と、思うような人が多数いました。(部活とかで就活開始が遅れた人が多いけれど・・)

就活生として、過去最高のあなたが、内定を勝ち取るまで頑張り続けることに期待!

おまけ

「今が一番最強だ!」という言葉を使いましたが、これはある言葉のパクリでもあります。

当社の代表 岡本謙一は、昭和21年生まれの69歳。クチグセは、「俺のこれからの人生で、今が一番若い!」です。

この超プラス発想人間のお話は別の機会に・・・。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。