オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/12/18 - 最終更新日:2018/03/23

自燃型・可燃型、自ら火を点け、他人に火を付けよう~ビジネスパーソン 5つのタイプ~

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

104自燃型・可燃型、自ら火をつけ他人に火をつけよう~ビジネスパーソン5つのタイプ~

ビジネスパーソンの5つの種類

経営コンサルタントの新 将命さんの本で、ビジネスパーソンの5種類の話があります。どのように「燃える」のか、という視点で、解説されています。

「自燃型」「可燃型」「不燃型」「消火型」「点火型」の5種類です。

就活に置き換えるのは、少々無理があるかもしれませんが、考えてみたいと思います。

「可燃型」が圧倒的に多い

「可燃型」(火をつけられると燃える)

8~9割の人が、この可燃型に当たるといいます。「可燃型」の就活生、と考えると・・・

・学校からのアドバイスで就活する気になる
・周囲の友人の動きに刺激を受けて活動する
・親から言われて、仕方なく動き始める

といった格好でしょうか。何かの刺激によって火をつけられ、動く人です。これに対して、

「不燃型」(自らも人からも燃えない)

の就活生は厳しい・・・。やる気にならないのですから、動きもつくれない。

「消火型」(人の火を消して回る)

このタイプの人も就活は厳しいでしょう。グループ面接とかで、真っ先に落とされるはずです。

「自燃型」人間を企業は求めている

企業が期待する人財は、

「自燃型」(自ら火をつけて燃える)

人です。指示待ちではなく、自ら動き主体的に考えられる人。ポジティブな思考を持ち、積極的な姿勢のある人。

選考試験では、特にそういう要素がどうなのか注意して見るようにしています。5%~10%程度、このタイプはいるそうです。

「点火型」(人の心に点火し、動機づける)

こんな逸材がいたらでしょう!最高です。でも、さすが就活生では稀有な存在です。点火型人間は、1%程度しかいないらしい。

グループ面接しながら、他の人の心に火を点け、就活のライバルをやる気にさせるような人は、その時点で内定ですね。

「点火型」は難しいとしても、「自燃型」になって、その他大勢の「可燃型」から抜け出すよう、いい就活をしたいですね。

おまけ

5種類のタイプに加えて、「助燃型」(人が燃えるのを手助けする人)の人がけっこうな数いるのではないでしょうか?

自ら前に出て、ということはしないけれど、リーダーの指導のもと、ちゃんと動ける人、周囲を気遣い、しっかりサポートできる人、です。

リーダーに期待される力は、「点火型」+「可燃型」だそうです。

企業で仕事をしていくうえでは、「助燃型」は必須で、「可燃型」要素も。でも、「爆発型」や「燃え尽き型」などにはならないように注意したいですね・・・。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。