オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/02/23 - 最終更新日:2016/02/23

夢を叶えるために具体的に動いてみよう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

123夢を叶えるために具体的に動いてみよう

夢は描いても、言っても叶わない

夢を描くことは大事なことだと思いますが、夢は描くだけでは叶いません。「社長になる」という夢を描いた人全員が、社長になるわけがないように。

夢を人に語ることも大事なことですが、人に夢を語ったら叶う、ということにもならない。「俺は社長になる」と言った人全員が、
社長にならないのと同じように。

オカモトグループでは、夢を描き目標を設定する社員教育プログラムがありますが、それを叶えるためにはもう1つ大事なことがあります。

夢は「やったように」なる

それは、「具体的な行動をする」ということです。

社長になるためには、社長業の勉強をして、実地体験で様々な経験値を積む必要があるでしょう。

・資金調達ができるようになる
・事業計画を立てられるようになる
・売上をあげる営業をする
・利益が出るようにコストを管理する
・人を採用して教育する  など

社長になるという夢を叶えるために、こうした具体的な行動計画を立てて、実際にそれを実行していくことで、本当に夢が叶うようになる。

夢は描いたようにはならない。
夢は言ったとおりにもならない。
夢はやった通りになる。

ということだと思います。

具体的に動いてみよう

就活でも夢を描きますよね。

・この業界で仕事がしたい
・この職種の仕事がしたい
・この企業の内定をとりたい  など。

描いただけでは実現しません。周囲に言っただけでも実現はしません。

そのために具体的な行動を起こさないと!

その夢の実現のために、どんなことが必要か、具体的にやるべきことを書き出してみましょう。

・その仕事をするのに必要な資格をとる
・その仕事をするのに役立つ単位をとる
・その業界、職種の新聞記事を切り取って見る
・先輩を探して見つけて、OB訪問して話を聞く
・過去の入社試験の情報を収集して対策する

というように、具体的な行動レベルが必要です。漠然とした考えや、曖昧な行動では実現しない。

あいだみつおさんの、こんな言葉があります。

『とにかく具体的に動いてごらん。具体的に動けば具体的な答が出るから』

おまけ

夢を描き、目標を設定する研修ですが、全従業員が毎年120項目におよぶ夢の姿と、そのためにするべき具体的な行動を書き出します。具体的に考えると、自然と行動するようになるので、本当にいろんな夢が叶うから不思議です。

今年も、たくさんの夢が叶うのかと思うと、わくわくしますね。

皆楽しんで受けている研修です。

※写真の人物:EMC(エナジー・マーケティング・カンパニー)左から 杉村幸亮、錦見崇也、八木橋大、解競夫、白暁笛

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。