オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/09/13 - 最終更新日:2016/09/13

面接はやる前から勝負は決まっているとりあえずガッツポーズをしよう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

181%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%af%e3%82%84%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8b%9d%e8%b2%a0%e3%81%af%e6%b1%ba%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%88

やる前から勝負は決まっている

「何事もやる前から勝負は決まっている」

のかもしれません。

就活生なら「自分の番」が回ってきた時どうしてますか?

集団面接で回答のトップバッターを指名された時・・・
グループディスカッションで司会を命じられた時・・・
大勢の前で何かの発表をする役が当たった時・・・

どんな言動を、どんな表情をしていますか?

その一瞬のリアクションで、結果は大きく左右される、ことがあるんですね・・・。

五輪選手の勝負前に学ぶ

オリンピックという勝負の舞台で、さあ自分の出番だ!というところで、トップアスリート達はどうしているか・・・?

皆、気合十分で、自信満々で、さあ自分の出番だ!
顔あげて、上を向いて、「よっしゃー!勝負だ!」

と出てきますよね。

下を向いて、自信なさげに、もう負けたの?というような状態で試合に臨む選手はいません。
やはり、勝負事はこういう「自信」や「気合」といったものがとても重要であり、結果を大きく左右するのではないかと思います。

就活もある種の勝負事ですから、こういうところから学ぶことも多々あります。

当たっちゃったら、とりあえずガッツポーズ

何か想定していない事態になった時、

「あちゃ~、当たっちゃった・・・」
「まずいよ・・・何も考えてない・・・」
「もう、終わりだ・・・失敗だ~」

なんて、がっくり肩を落としてネガティブモードで前に出たり、発言したりしていませんか?
そんな状態で何かやっても、まずうまくいきません。

ここは、カラ元気でもいいから、敢えて気合を入れて、プラスモードに切り替えてやるべきです。

コツは、とにかくそういう場面に遭遇したら即座に、

「ラッキー!一番クジに当たった!」
「よっしゃー!当たったぜ!」
「よしきた!いっちょうやったる!」

と、ガッツポーズをとって、ニコニコ満面の笑顔で出て行くんです。

もうだめだ・・・と出て行くのとでは、雲泥の差。間違いなくよい結果につながるはずです。

そういう一瞬の反応を、我々採用担当者も見ていますからね。

おまけ

やる前から勝負が決まっているといえば、「フルマラソン」も同じです。

完走できるかどうかは、当日の頑張りもあるけれど、それよりもレース当日までに、どんなトレーニングをしてきたかに全て左右されるといっていい。

女子マラソンの金メダリストの野口みずきさんが言っていました、「練習はうそをつかない」と。

今年の夏のフルマラソンは、残念ながら35km地点で、無念の関門制限時間アウトになりました。
来年、リベンジします!!!

※写真の人物:JHC(ジョイフィット・ヘルステック・カンパニー)左から 城戸玲緒奈、大浦華穂、片山純麗、園部希、石山凌、鈴木沙由美、柴山保乃香

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。