オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/09/20 - 最終更新日:2016/09/20

就活でも役立つ最強の話法「PREP法」をマスターしよう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

182%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%a7%e3%82%82%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e8%a9%b1%e6%b3%95%e3%80%8cprep%e6%b3%95%e3%80%8d%e3%82%92%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%97

大人の面接官に伝える方法とは?

就活では人生経験豊富な大人の面接官に、簡潔に物事を伝える必要があります。

いわゆる学生言葉を使ったり、要領を得ない話し方では伝わりにくいのですが、我々面接官に最も効果的に伝えられる、ある方法があります。

この手法については、社内の研修でも取り扱っており、結構社会人経験が豊富な社員でも、

「なるほど!」

と目からウロコのようです。

さてその手法とは・・・?

「結論から」話そう

社会人がビジネス上の伝え方で特に心がける方法に、

「結論から」

という鉄則があります。

長々と要領を得ない報告をしていると、上司から「結論から言ってくれ」と指導されます。

我々面接官はこういう毎日に慣れているので、結論がなかなか見えない就活生の話は、時々苦痛に思うんですね。

だから話の最初に、

「まず結論から言う」

ということを心がけましょう。

「PREP法」という最強の話し方の武器

さらに説得力の話にするには、

「PREP法」

言う話法を使うとより素晴らしいプレゼンができます。

最初に言うのは「結論」(P:Point)です。
次に「理由」(R:Reason)
そして「事例」(E:Example)
最後にまた「結論」で締めくくると言う手法です。

例えばこんな具合にです・・・

私はマジックをするのが大好きです(結論)
マジックで誰とでも一瞬で仲良くなれるからです(理由)
トランプマジックが得意で全部で300種類できます(事例)
私の1番の趣味はマジックです(結論)

どうですか?どんな話でもこの、「PREP法」を使うことで、説得力のある簡潔なものになりますよね。
面接官に良い印象を与えるためにも、ぜひ今から日常の会話に意識して取り入れてみてください。

効果絶大なこと間違いなしです!

おまけ

もう一つマジックネタに続いて、PREP法で私の自己紹介を。

フルマラソン一緒に走りませんか? (結論)、
辛さを乗り越える貴重な経験ができますよ(理由)、
実は私は3回リタイヤの経験がありますが、完走も5回もあるんです(事例)、
ぜひ一緒にマラソン挑戦しましょうよ(結論)。

※写真の人物:EMC(エナジー・マーケティング・カンパニー)セルフ帯広38店 森谷 駿章(もりや としあき)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。