オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2017/08/08 - 最終更新日:2017/08/08

ゆとり世代、さとり世代、つくし世代…夢や挑戦を語れると得しますよ!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

275ゆとり世代、さとり世代、つくし世代…夢や挑戦を語れると得しますよ!

つくし世代、だそうです

今どきの若い人たちは、

「つくし世代」

などと言われているようですが、

「ゆとり世代」や「さとり世代」とはどう違うのか?
どこからがその世代なのか?

どうも明確な線引きはないようで、全て同じ世代を表しているという見方もあるようです。

ただ、ゆるく「ゆとり」から「さとり」へ、そして「つくし」へと流れているようで、企業の採用担当者はこうした潮流をよく理解しておかないと、採用活動がうまくいかない・・・という危惧もあるようです。

この一連の最近の世代は、以前とは相当ちがう傾向を持っているようです。

世代の特徴は?

総じてよろしくない評価を下している見解が多く見えますが、こうした世代は、

・完全週休2日制の影響で学力が低い
・バブル崩壊後を見ており夢を持たない
・無駄な失敗を嫌い、マニュアルに頼る

などの特徴があると言われており、従前の世代とは大きく異なり、扱いにくいとされています。

「つくし世代」の特徴は、文字通り「尽くす」ということですが、学校では相対評価でなく絶対評価であったので、成績のためには先生に嫌われないよう、気を尽くしていたり、

合理的な考えを持っているので、無駄な争いや努力をしないよう、周囲に「尽くし」て快適な人間関係を築くようにしてきました。

夢も挑戦も大事

夢を追いかけたり、失敗を恐れずにチャレンジすることをなくしてしまったら、成長スピードは遅くなり、競争優位には立っていけなくなる可能性が高い(と思われてきた)だけに、こうした世代とのギャップは大きく感じられます。

当社の成功法則の教えの1つに、

4人の友を持て

というのがあります。

その中のなんでも話せる「親友」や、この人のおかげでと思える「恩人」を持つということには、ゆとりも、さとりも、つくしも、どの世代も異論はないと思います。

しかし、

あの人に追いつきたいという「目標」の人や、あいつには負けたくないという「ライバル」を持つということは、挑戦心や競争意識を持たないといけないので、抵抗があるかもしれませんね。

でも、この「4人の友」はバランスよく自分の中に意識し、自分を成長させてくれる要素として大事にしたいものです。

極端に言うと、

「やる気は起きない、安定した職場」

を探しているようですが、

「やる気マンマンになる、成長企業」

で刺激的な毎日を送る方が、確実に自分の成長のためになると思います。

飛び込んでみませんか?

今の時代、「夢」や「挑戦」を語れることは、就活生にとって大きなアドバンテージになりますからね。

<おまけ>

「今の若いものときたら・・・」とは、年寄りがよく言う名台詞のように思えますが、今から5千年前のエジプトの遺跡の文字の中に、

「最近の若者はなっていない・・・」

と言う言葉が発見されたこともあるようで。

こういう論議は人類の歴史上ずっと続いているようですね。

 

●会社説明会&選考試験 受付中!(札幌駅から徒歩1分)
★説明会参加者に 「オリジナル就活ノート」 プレゼント中!

( ↓ マイナビ2018卒用)

https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp64892/outline.html

( ↓ マイナビ2019卒用)

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp64892/outline.html

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。