オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/01/26 - 最終更新日:2016/01/26

Facebookの友達1000人で内定SNSを使えることは就活の武器になる

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

114Facebookの友達1000人で内定 SNSを使えることは就活の武器になる

SNSによるコミュニケーションが普通に

SNSの時代と言われています。

LINE
Twitter
Facebook
Google+
・・・

たくさんのSNSが普段の生活の中で、最も気軽なコミュニケーションツールとして使われています。採用活動、就職活動でも、SNSを使うことがだいぶ普及してきており、どんどん進むでしょう。SNSを普通に、それ以上に使えるということは、コミュニケーション力の1つとして、十分に訴求力があることとして評価されると思います。

SNSなら個人でもすごいことが可能になる

リアルなコミュニケーションも もちろん大事ですが、SNSの場合、リアルとは決定的に異なる利点があります。

「拡散」

です。
リアルなコミュニケーションは密にできるけれど、その数には限りがあり、例えば1日に何百人とリアルコミュニケーションをとるのは普通考えられない。

でも、SNSだとそれが可能になります。例えばFacebookの場合、平均100人程度友達がいるので、何かの情報をアップしたら、理論上即座に100人に知らせることができる。さらに、それぞれ100人友達がいるので、情報を共有してくれたら、100×100=10000人に伝播し、さらにその友達にとなると、あっという間に100万人に情報が伝わることになります。

一般の個人がリアルの場で、100万人に何かを伝えるなんてことは到底不可能ですが、SNSはこういうことを可能にしているんですね。

Facebookに友達1000人で内定!

こんな話を聞きました。

「Facebookに友達を1000人持っている学生は、それだけで内定を出す価値がある」

1000人友達を持っている人は そういないでしょうから、それだけのネットワークを築けるということ自体、一種の才能や努力の結果とみていいでしょう。

そのネットワークを仕事で活かせると考えたら、自社の商品、販促情報、ニュース、新商品・・・世の中に大きな情報を広めることが可能です。個人が築いたネットワークを、会社がどう利用するか、等の複雑な話は置いておき、こういうことを自分の長所として活用できる可能性は十分になる。

LINEがリリースされたのは、2011年6月ですから、5年もたたないうちに これだけ普及しているわけで、あっという間に今考えられないことが普通になっていく時代です。

SNSを使いこなせる力も身につけておきたいですね。

おまけ

仕事でもプライベートでもSNSを使っていますが、ブログも併用することで、いろんな効果が高まるようです。

Facebook等は、情報がどんどん流れていってしまうけれど、ブログは記事それぞれがWEB上に記録されるので、検索とかで引っかかることもあり、数ヶ月以上前に書いたブログが検索でヒットして、新しい仕事のきっかけになったこともあります。

いろいろやってみるもんですね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。