オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/03/25 - 最終更新日:2016/03/25

緊張ゆるめる3つの方法(3)相手に心を向ける

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

132緊張ゆるめる3つの方法(3)相手に心を向ける

緊張ゆるめる3つの方法(3)

緊張をゆるめる3つの方法(日経新聞掲載)、

1つ目は、「見る側に立つ」
2つ目は、「ムダな力を取る」

でした。では、残りのもう1つ、3つ目の方法とは?

ぜひ、こうした緊張感を取り除く方法を身につけて、いい就活をしてほしいと思います。

「相手に心を向ける」

緊張してしまう人の心は、次のようになっているようです。

うまく話せるかどうか心配だ・・・
こんなこと言って馬鹿にされたらどうしよう?
今日は自信がないけど大丈夫だろうか?

これらは全部、「自分」のことばかり。「相手」のことを全く考えていないわけです。コミュニケーションには必ず「相手」がいて、その「相手」との関係で緊張したりもする。

「相手視点」

で考えましょう!

自分の話を聞いてくれるなんてありがたい!
私の話が伝わっているようだ、嬉しい!
おっ!笑ってくれた、伝わったんだ!

など、相手に注意を向け、周囲や相手に心を向けると、緊張感も軽減できるようです。自分の殻の中で凝り固まるな、ということでしょうか。

「見る側」「リラックス」「相手に心」

確かに、相手の反応を確かめながら話をすることで、緊張も解けてリラックスしたいいお話ができます。大勢を前に「1対多数」で一方通行の話をするのが、最も緊張する場面になると言っていいでしょう。

緊張をゆるめる3つの方法を紹介してきました。

①「見る側」に立って、
②「ムダな力を取って」リラックスし、
③「相手に心を向けて」コミュニケーションをとる。

これができたら、いい面接、いい就活ができると思いますよ。さあ、選考試験も本番に突入します。緊張することなく、リラックスして集中して、GO!

おまけ

マジシャンの私は、採用活動でもマジックをして、緊張感を軽減することもしています。マジックは一瞬で緊張感はもちろんのこと、初対面の人でも心の垣根を取り払ってくれて、すぐに仲良しになってしまう、不思議な力を持っています。

「えーーーっ!」
「すごーーい!」
「なんで?どうして?」

と、誰もが表情を崩して笑顔になってしまいます。マジシャンは「見られる側」ですが、実は観客をしっかりと「見ている側」にも立って演技をしています。一瞬でリラックスさせムダな力も取り除き、相手に心を向けられるものでもあるから、マジックは万能な緊張感除去ツールとして有効ですね。

※写真の人物:RMC(リユース・マーケティング・カンパニー)なんでもリサイクルビッグバン中標津店 藤井 慎(ふじい まこと)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。