オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/07/12 - 最終更新日:2016/07/12

早くインターンシップに参加して早く「就活生モード」になろう!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

163早くインターンシップに参加して早く「就活生モード」になろう!

やってみたものは理解する

「聞いたものは忘れる」

「見たものは覚える」

「やってみたものは理解する」

という話を、あるセミナーで聞きました。
本当に理解するには、実際にやってみないとわからない、ということですね。

就活では会社を理解しないといけませんが、話を聞いただけや、ホームページを見ただけでは、どんな会社なのか理解はできません。

「やってみないと」

わからないわけですからね。

「やってみる」にはインターンシップ

実際に入社する前に、その会社の仕事を、

「やってみる」

ことができる素晴らしい機会がインターンシップです。就活生はこれを利用しない手はありません。

日程などの関係で、実際の職場体験はできないかもしれないけれど、いわゆる説明会などとは違って、インターンシップでは情報の質も量も、はるかに有意義なものになるはずです。

説明会は、短時間でほぼ一方通行で情報を与えられることが多いと思いますが、インターンシップでは、長時間実際の先輩社員達と過ごすことになるので、本当の姿が見えます。
質問もできるし、雑談めいた話からその会社の素顔が見えたりすることも多いはず。

実際に入り込んで体験できるわけですから、就活の中でも、最も濃い経験になるはずです。

「就活生モード」になろう

既に2018卒のインターンシップの募集等が、本格的にスタートしていますが、もうエントリーは済ませましたか?

企業によっては人気が殺到したり、先着順とかもあったりするので、とにもかくにも、

「早く!」動いた人の勝ちです。

実際にインターンシップに参加すると、就活の生々しい話なども聞けたり、なにより一緒に参加するインターンシップ仲間から、強烈な刺激を受けることになるので、

学生気分から「就活生モード」にシフトチェンジします。

この「就活生モード」ができたら、もう大丈夫。そこから先は、自然といい就活ができるようになっていく人たちを毎年多く見ています。
「就活生モード」になるということだけでも、インターンシップに参加する意義はありますよ!

おまけ

オカモトグループの2018卒インターンシップも、募集を開始しています。

業界研究や仕事の体験、施設体験など、様々なプログラムを用意していますが、実際に就活で役立つコンテンツも満載です。

一日で「就活生モード」になれるインターンシッププログラムですので、ぜひ、お申し込みを!

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp64892/is.html

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。