オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/12/27 - 最終更新日:2016/12/27

~就活生に伝えたいワンポイント~人生を豊かにする「4人(4種類)の友」とは?

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

211%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%94%9f%e3%81%ab%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%81%9f%e3%81%84%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%80%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e8%b1%8a

自分にとって「よい人」とは?

オカモトグループで導入している、幸せな人生設計の教育研修での考え方の1つ、

「良い本、良い人、良いものに積極的に接せよ」

という中の、「良い人」についてのお話です。

人間、「いい人」とお付き合いするのは大事ですよね。

「朱に交われば赤くなる」のごとく、いい人達の中にいれば、自分も良い人に変わっていくし、逆に悪い人達と付き合えば、よろしくない方にいきます。

自分を幸せにする、「良い人」とは、どんな人でしょうか?

4種類の友(人)を持ちましょう

うちの代表である岡本謙一がよく言います。

「4人の友を持て」と。

4種類の自分にとって良い人と、意識的に付き合い、自分を高めていこうということです。

1人目:「目標となる人」
あんな人になりたいと、自分が目標とする人。
目標ができれば、自然と努力していくようになります。

2人目:「ライバルとなる人」
あいつには負けないぞと、刺激をもらえる人。
人と競争することで、成長力も高まります。

3人目:「親友」
なんでも打ち明けられるよき相談相手。
悩みや苦しみから立ち直る時に助けになります。

4人目:「恩人」
あの人のおかげで今の私がある、と思える人。
迷ったとき適切な指南をしてくれるはずです。

この4種類の友を、意識してたくさん持つことで、自分の人生が豊かになっていく。

いいお話ですよね。

変えるべき友、変えてはいけない友

さらに、代表の岡本はこう続けます。

「目標とライバルは変え続けること。親友と恩人はいつまでも変わらない。」

自分が成長してステージが上がったら、さらに高い目標を掲げて、目標となる人を新たにつくる。

同様に、ライバルと見ていた人を引き離した場合は、新たなライバルを探して、さらに自分を磨く。

でも、親友と恩人はいつまでたっても変わらない。

就活でも使える話ですよね。

・目標としている人は誰ですか?その理由は?

なんて質問は面接で普通にあるでしょうし、

・ライバルと競い合って就活力を高める
・親友と相談し合って就活を乗り切る

という具合に、周りの友人も大切です。

・自分の就活の恩人はこの人だ

という人が現れたら素晴らしいですね。

採用担当としては、そんな存在になれたら嬉しい。

だって、その人にとって大きな人生の岐路で、大きな決断をすることに関わるわけですから、将来、その決断がよかったと、思ってほしいですから。

<おまけ>

会社もまた、同じように考えられます。

例えばライバルでいえば、オカモトグループ発祥の頃は、北海道十勝の地場企業をライバル視していましたが、やがて北海道を代表する企業を意識するようになり、現在よく出てくるライバル企業は、日本全国区企業だったり、グローバル企業であったりします。

就活の中で、

「御社のライバル企業はどこですか?」とか
「御社が目標としている企業はどこですか?」

なんていう質問をしたら、その会社の考えている将来構想などがわかるかもしれませんね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。