オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2014/11/14 - 最終更新日:2014/11/14

自信をもって、自分を売り込みましょう!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

⑤自信を持って自分を売り込む

自ら自分を売り込んできたスケート選手

今年の夏前に、あるスポーツ選手から、

 「私のスポンサーになってください!」

と、当社にその思いを書いた手紙をもらいました。

スポーツクラブも運営している会社なんですが、こういう話はありそうで、実はあまりない話でして、早速本人と連絡をとり、お会いしました。

スピードスケートの女子1000mを中心に活躍しているスプリント選手で、当社の本社がある帯広市出身の、松田有幾選手でした。選手自ら資金繰りをしていること、その真摯な姿勢、真剣な眼差しに心を打たれ、スポンサーになることを決定し、現在「JOYFIT」のロゴも入ったユニフォームで競技してくれています。

s-DSC_6135

就活も自分を売り込む場!

この話、要は、 「私はお金を出す価値のある選手です!スポンサーとして、私に資金を提供してください!」という、売り込みをしてきて、それにわが社が、 「よし!じゃあ、あなたに賭けるから頑張って!」と、会社のお金を使うことを決めたということです。

就活も同じですよね?

「私という人間を採用して給料を払ってください」と、自分の価値を企業に対してアピールして、いわばお金を引っ張り出そう、ということなんですから。

松田選手の場合は、スポーツ選手として競技で活躍し、様々なものに露出することで、うちの「JOYFIT」のマークを宣伝してくれる、という対価に期待して、ということになります。松田選手は、真面目でおとなしそうに見え、本当に第一線級のスプリント選手なの?と思うほど控えめな女性なんですが、その目の奥に光る、強い意志に、心を動かされました。

そんな、目の奥に光るものを、就活の中でも、採用担当者に見てもらえるよう、積極的にやりたいですよね?

どんな環境にも適応する人が勝つ!

松田選手に、第一線級で活躍する秘訣は?と聞いたら、こんな答えがかえってきました。

「第一に、怪我をしないことです。そして、どんなリンクにも適応することです。」

確かに一流選手は怪我をせず、安定して活躍します。また、スピードスケートのようなデリケートな競技は、世界中のあらゆるコンディションのリンクで、常時パフォーマンスを発揮できる、適応能力が必要ということです。

長い就活でも、好不調の波に惑わされずに、自信をもって安定した活動を続け、どんな選考試験でも、面接でも、適応しながら、自分の持っている力を発揮していきたいですね。 当社のインターンシップや会社説明会では、そんな就活の秘訣をたっぷりとお話しています!ぜひ、いらしてくださいね。

補足

ご紹介した松田有幾選手ですが、先週末のジャパンカップ帯広大会にて、女子1000mで、見事に優勝!表彰台の真ん中に立ちました。ぜひ、彼女の活躍を応援してください!

s-DSC_7765

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。