オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2014/12/12 - 最終更新日:2014/12/12

自分なりのキメ言葉を持とう!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

⑬自分なりの決め言葉を持とう

自分なりのキメ言葉を持つ

オカモトグループの従業員総数も、さすがに3000名を超える規模になると、顔と名前が一致しない人が大多数になってしまいます。よく知っている人でも、年に1度会うかどうか、という人も・・・。

でも、久々に会う場合には「最近どう?」などと、声をかけるようにしています。そんな時に、おもしろい人がいるんですね。「お久しぶりです。ハイ、頑張ってます。」などと会話することが多いですが、中には決まりきった言葉しか言わない人がいます。

コレしか言わないうちの社員達・・・

TSUTAYA勤務の岡部社員(ニックネーム:コボ)は、「絶好調ーっす!」 しか言わない。

私「最近どう?」
コ「絶好調ーっす!」
私「あのイベントはうまくいったの?」
コ「絶好調ーでした!」
私「今度の販売促進の予定は?」
コ「絶好調ーっす!」

という具合に、それしか言いません。ちゃんと考えているのかと不安になりますが、でも彼は常に絶好調モードで仕事をしています。

こんな人もいます。
2013年度のオカモトグループ年間最優秀店舗賞に輝いた、リサイクルショップ事業部の寺島潤君(ニックネーム:デイトナ)です。彼は面接の際も、そして今もですが、言葉は3つしか使いませんというか、知りません・・・(笑)。「大丈夫っす」「バッチリです」「任しといてください」の3つです。今でもこんな具合に会話しています。

私「最近調子はどう?」
デ「大丈夫っす!」
私「今月の売上目標は高いけどいけそう?」
デ「バッチリっす!」
私「でも、今の進捗からすると厳しくない?本当にいけるのか?」
デ「任しといてください!」

言葉には力がある

彼らを見ていると、人は普段 口に出す言葉で、自分の心をコントロールできるんだなと思います。毎日「絶好調!」と言っているから、本当に絶好調に仕事しているし、生きている。「大丈夫」って言っている人は、大丈夫なんです。「バッチリ」「任しとけ」と言ってる人は、本当に目標をちゃんとクリアしていくから不思議です。言葉には力があるんだな、ということがわかります。

そういう言葉を毎日何度も発し続けることで、自分自信が本当にその言葉通りになっていくんでしょう。就活を成功させるためにも、こういう自分なりの「キメ言葉」があるといいかもしれませんね。「コレ!」という自分の言葉を持ってみてはどうでしょうか?その言葉を毎日使って、就活のキーワードにしていればうまくいくような言葉です。言葉の力ってすごいですよ。

s-IMG_1693
↑ 「絶好調ーっす!」がキメ言葉の岡部社員(ニックネーム:コボ)

 

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。