オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/01/27 - 最終更新日:2015/01/27

字をきれいに書けない人の選考書類の書き方

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

26字を綺麗に書けない人の選考書類の書き方

字をきれいに書けないので心配です

就活生のトレーニングの中で、「字がきれいに書けないので心配です」という悩みを、時々耳にします。

字はきれいに書けた方がいいに決まっていますから、すぐに解決はできないこうした悩みは、けっこう深刻なのかもしれません。長期的に考えても字はきれいな方がいいですね。社会人になってからもつきまとう話ですから、「ペン字」の練習をするなどオススメします。

ちゃんと努力すれば、きれいな字が書けるようになるはずですから。

心をこめて丁寧に書く

じゃあ、今の現実の問題として、就活に使う履歴書やエントリーシートに書く字は どうしたらいいのか?

結論は、

「心をこめて、丁寧に書く」

ことです。

選考の中で、書類は参考にします。中には書類選考をする会社もあるかもしれない。でも、「字がきれいなこと」が最重要な職場って、ほんの一部の限られたところだけのはずです。それよりも大事な要素はたくさんあります。そして、「雑に書いた字」か、心を込めて「丁寧に書いた字」かは、書類を見ればわかります。

短期間で、突然美しい字を書けるようになることは不可能に近いでしょうから、こうするしかない。心をこめて丁寧に書きましょう。

プラスアルファの工夫を

字が汚くても、それをカバーするプラスアルファを何かやってみてもいいのではないかと思います。就活アドバイスの中で、「目立つ」履歴書、「目立つ」エントリーシートを推奨しています。

カラフルなペンを使ったもの、ペンを変えて太字を効果的に使ったもの等、様々な工夫ができます。

IMG_2636
(履歴書・エントリーシート例)

字はきれいに書けなくても、自分なりに工夫をして、より伝わる書類を作成できる、ということが、こうしたもので理解してもらえると思います。

もしも、そんな履歴書は邪道だと言われたら・・・

「そんな心のせまい企業は、こっちからごめんだ」

と思ってもいいのでは?(それは極端な意見でしょうか・・)

補足

オカモトグループでは、単調な普通の選考書類を推奨しておらず、個性あふれるものを期待しています。「おもしろ」「おかしく」「元気よく」をモットーにしているので、選考書類もそうしたテイストで作ってきてもらっています。

そうした柔軟な感性や自由度の高い社風にすることが、変化する時代をリードできるはず、と思っています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。