オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/10/25 - 最終更新日:2016/10/25

社内イベントや研修を成功させる極意それは●●を動かすこと

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

193%e7%a4%be%e5%86%85%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%84%e7%a0%94%e4%bf%ae%e3%82%92%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%84%8f%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%af%e2%97%8f

研修やイベントを成功させる極意

社員研修等の、社内イベントを企画運営する立場として、そのコンテンツを考えるときに、いくつか大事にしていることがあります。

その中の1つに、イベントを最初から盛り上げて、成功裏に終わらせるためには、これがないとうまくいかない、というものがあります。

研修やイベントを成功させるのに不可欠なその極意とは・・・

「体を動かす」こと

イベントを成功させるときに、なくてはならないもの・・・

それは、ズバリ・・・

「体を動かす」ということです。

理想は、運動会のことをやるのが1番です。
チーム対抗戦などが最も効果があります。

時間や場所の制約があるときは、オカモトグループのスポーツクラブジョイフィットの、エアロビクスなどの模擬レッスンなどをしたりもします。

社員が集まって普通に研修を始めるよりも、このように体を動かす何かをすることで、心も体もそして頭も温まった状態で本題に入ることができます。

やる前にうまくいくかは決まっている

研修やイベント等は本題に入る前に、それが良いものになるかどうかはほぼ決まってしまいます。

参加する人たちのやる気、参加意識、仲間意識・・・等のメーターが上がっているかどうかで左右されます。

これを実現するのに一番効果的なのが、まず体を動かすということです。

うまくいけば、

皆童心に返って我を忘れて笑ったり、
真剣モードで勝負をして集中力が高まったり、
チーム対抗戦でチームワークが強くなったり・・・

そうなったら研修がうまくいったも同然です。

1人でも何かを始める前に、まず体を動かすと言うことをすると、良い効果が期待できますよ。

<おまけ>

実はインターンシップでも、この「体を動かす」という要素を取り入れています。

席について一方的に話を聞いたり、ディスカッションをしたり、とかではなく、

立ち上がって歩きまわったり、スポーツクラブで実際に筋トレをしたりなど、場合によっては「筋肉痛を伴う」ほど体を動かしたりしています(笑)。

※写真の人物:JHC(ジョイフィット・ヘルステック・カンパニー)JOYFIT旭川店 左から 鉢呂 昌平、桑原 寿枝、藤井 亮

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。