オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/04/26 - 最終更新日:2016/04/26

ひと皮むける事で人は次のステージに入る

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

141ひと皮むける事で人は次のステージに入る

新入社員研修の唱和訓練

新入社員はいろいろなことを覚えなければいけませんが、どこの会社でも、

経営理念
行動指針
挨拶用語

といった基本的なことを暗唱できるよう、宿題を出したり訓練しているのではないでしょうか?

オカモトグループの新入社員研修でも、こうしたことを合計8項目設定して、研修期間中に完璧にできるようチャレンジさせました。さて、その結果は・・・?

何度も挑戦して合格する

経営理念はグループ内の3社のものを全部、それに接客用語等含め、かなりのボリュームの内容の唱和を暗唱で行うテストが行われます。ちゃんと言えることはもちろん、研修室の端から大きな声で言えないと合格できません。

完璧に覚えられず途中で詰まってしまう人
いろんな唱和がごちゃまぜになってしまう人
声が小さくてなかなか合格できない人

皆、苦労してこれらを乗り越えて合格していきます。74名の中、2日目に全部クリアした人が出まして、4日目には大半の人が合格しました。最後まで合格できない数名は、同じチームの仲間たちに特訓をしてもらって、なんとか研修中に全員合格。

合格するたびに歓声とハイタッチ!頑張った分だけ、喜びもひとしおの様子でした。

ひと皮向けた頭脳派のA君

この暗唱テストですが、覚えるのは得意だけれど、大きな声で言えずになかなか合格しない人も何人か。頭脳明晰なA君もその中の一人でした。

それぞれの項目の一字一句ちゃんと覚えてるんだけど、声の大きさが足りずになかなか合格できない・・・。何度も何度もチャレンジして、ようやく合格した時には、嬉し涙(悔し涙もあったか)が出ていたようです。

「声の大きな人が組織を動かす。だからリーダーは声が大きくあるべき」

という話をしていたのですが、A君はそのことを体感することができた研修だったようです。

思い切り、力の限りのパワーを使って何かをする、という経験をすることで、人はひと皮むける。A君の枯れた声の分だけ、貴重な何かをつかむことができたのであろうと思います。

おまけ

この唱和テストでの一番の難関が、人生を幸せに豊かにするための目標設定研修である、「3KM」の10のセオリーの暗唱です。

1,ものの見方、考え方を変えると人生が変わる
2,信念暗示など、心の潜在意識を活用せよ
3,夢を見、目標を立て、現在に最善を尽くせ
4,逆境こそ天が自分に与えた最大のチャンスである
5,良い本、良い人、良いものに積極的に接せよ
6,数字、時間、他人、自分に強くなれ
7,専門知識または超一流のものを何か一つ身につけよ
8,人生成功全てのものに先人の知恵と汗とで作り上げた公式があることを知れ
9,常に問題意識を持ち、成すべきことを知り、それを成し遂げる根性をもて
10,自分の立場や環境に感謝の念を持ち、現状改革にたゆまず挑戦せよ

これをいっきにスラスラと何も見ずに暗唱するんです。なかなかのものでしょう?

※写真:新入社員研修のひとコマ

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。