オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/11/25 - 最終更新日:2016/11/25

スマホ同様にパソコンも使えるようになっておきましょう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

202%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e5%90%8c%e6%a7%98%e3%81%ab%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%82%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a

スマホはなくてはならないものの筆頭

一昔前、なくてはならないもの、といえばどんなものがあったか・・・?

私の大学生時代を思い出すと、

・ウォークマン(カセット)
・自動車(スペシャリティカー)
・腕時計

といったところでしょうか。
当然、携帯電話もまだ生まれていないし、デジカメもまだ先のお話です。

今の大学生にとって、なくてはならないものといえば、誰に聞いても間違いなく、

スマホ

というでしょうね。

便利すぎるスマホゆえに・・・

スマホが大事なのはよくわかります。
かくいう私の世代でもそうなっていますから。

・メール、電話、SNS、
・時計機能、カメラ機能、
・日記、読書、音楽を聴く、
・テレビを見る、動画を見る、

・目覚まし時計として、
・携帯型ゲーム機として、

・電卓機能、地図として、
・時刻表、天気予報、

・日記をつける、新聞を読む、
・レストランの予約、
・ホテルの予約、
・交通機関の予約・・・

なんだって、これ1つでできてしまうのがスマホ。
考えてみれば、本当にすごいものができたものです。

当初はパソコンでやっていたことが、全部スマホでできるようになっているから、パソコンも売れなくなっているし、パソコンを使えない若い人も増えているようで、

これが就活の後、問題となっているんです。

便利なツールが発達すればするほど、一方で退化してしまう人の機能もあるわけです。

社会人はパソコン使えて当たり前

就活はスマホで完結できるといっていいでしょう。
情報収集やスケジュール管理、コミュニケーションのやりとりなど、全部スマホでできますから。

我々採用担当者も、就活生はスマホで就活している、ということを前提に仕事しています。

しかし!

実社会に出たら、スマホはそのままですが、なんといっても・・・

「パソコン中心に仕事をする」

のが普通の毎日が始まるはずです。

少なくとも、オカモトグループの社員で、パソコンに全く触れずに仕事をしている人は、間違いなくゼロであり、皆普通にパソコンを使いこなす。

この、パソコンを使えない学生、が増えているようで、社会人になってから、苦労しているようです。

普通に、ワードやエクセル等の基本的な機能は、使える状態で社会に出ないと、

「ええっ!そんなことも知らないの?」

と、先輩を驚かせることになるかもしれず、最低限パソコンは使える状態になっておいてほしいものです。

<おまけ>

私が社会人になった頃、パソコンが世に普及し始め、原始的な表計算ソフトが職場に登場しました。

最初は、大きな紙の表に手書き、電卓で計算していたものが、画面上であっという間に、しかも、100%正確に計算されるのですから、革命でした。

プレゼンも、黒板にチョークで書いていたものが、ホワイトボードになり、やがてパワーポイントになり・・・

今の50代以上の人は、パソコン以前と以後の世界を両方リアルに体験している世代ですね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。