オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/06/05 - 最終更新日:2015/06/05

何をしたらいいか分からないなら なんでも出来そうな企業をオススメします!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

63何をしたらいいか分からなければなんでも出来そうな企業をオススメします

就活の軸って本当に皆持っているのか?

「就活の軸」という言葉をよく耳にします。

「自分の就活の軸は・・・」と就活について説明したり、選考中の企業を聞いて、「あなたの就活の軸は?」と聞いたりすることもあります。すんなりとこの「軸」について、説明できればいいのでしょうが、大半の学生はそうはなってない。

よくある回答は、

「説明会でピンときた企業や、社風・採用担当者の人柄とかを見て、いいなと思った企業を受けています」

というもので、自分のインスピレーションが「軸」ということなんでしょうが、論理的に説明するのは難しい。

これは採用する側も同じような側面もあって、要は何かを感性の部分で感じて判断しているようなものなので、感性の話は説明しずらいわけです。

そもそも就活そのものが無理難題の塊

「軸」を業界や職種等で絞って説明できない人は、

「自分の適職は、まだわかりません」
「何に興味があるのか、就活するほどわからなくて」
「いろんな業種の企業を魅力に感じてしまって」

などと、なるほどもっともだよね、と共感してしまいます。言ってみれば、

「やったこともないものなのに、実際にやりもしないで生涯に関わるような大事なことを、情報収集だけで判断しなければならない」

という、きわめて無理難題とも思えるものが就活なわけです。社会に出る前の、人生経験もない20歳前後に、そういう無理難題を越えないといけないんだから大変ですよね。

考えてもわからないものを決断する時によくやるのが、

目をつぶって、エイヤー!で決める

というもの。だって、考えてもわからないんだから・・・。

受け皿の多い企業はぶつかる価値あり

「何をしたらいいかわからない人」は、「とりあえずなんでもできる可能性のある会社」に、「ドーンとぶつかってみる」

というようなことで、オカモトグループをオススメしています。

多くの企業は単一業種をやっていて、社内にある職種も、そんなに多くはないのが一般的です。よくわからない、なんでもやってみたい、というような人に、単一業種のどこにすればいいかを決めるのは困難。

その点、オカモトグループは懐が広く深い!

・小売業、サービス業、流通業、公共施設等に関わることが可能
・16業種もの業種がある、多角化企業である
・社内には60種類を超えるたくさんの職種がある
・直営店、FC本部事業、FC加盟事業、全てあり
・勤務地は北は北海道から南は九州まで、海外にもあり

こんな感じなので、ドーンとぶつかって思い切って入社すれば、何か1つくらいは自分に合う適職が見つかるはずです。

最後の決断は、どんな企業に入るにも、目をつぶってドーンとぶつかるようなものかもしれない。

受け皿の多い企業なら、安心してぶつかれますよね?まだ間に合います!オカモトグループは どうですか?

おまけ

笑い話的に、オカモトグループの多角化について、よくこんな話が出た時期がありました。

「オカモトグループさんは、本当に何でもやりますよね」

「はい、白い粉や武器、人身売買以外はなんでもOKです!」

などという具合に。

ちょっと極端な話ですが、法に触れるものはやらない。ビジネスの可能性の枠をとっぱらって、社会的に求められるものは積極的にチャレンジする、という企業姿勢の一例です。

今でも、法に触れるものはもちろんのこと、反社会的なものは していませんし、一般的にダークなもの等とは距離をおいてビジネスを展開しています。

安心して飛び込んできてください!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。