オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/12/01 - 最終更新日:2015/12/01

やりたい、できる、やるべき仕事自分の仕事観を考えてみよう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

99やりたい・できる・やるべき仕事、自分の仕事観を考えてみよう

やりたい、できる、やるべき仕事

「どんな仕事に就けばいいか?」

これは非常に難しいテーマであり、永遠に解決しないものであるかもしれません。でも、いくつかキーワードになるものはあります。

「やりたい仕事」WANT
希望通りの仕事に就けたら幸せですよね。やりたいことをやる時は、皆やる気になって、いい結果を出すはずですから。

「できる仕事」CAN
向き、不向きも含めて、自分がその仕事をするのに必要充分な力がある、という状態です。こういう仕事は自信をもってできますね。

「やるべき仕事」MUST
やらなくちゃいけない仕事、ともいえる。自分の成長のために必要な仕事、乗り越えなくちゃいけなような仕事、試練や使命のようなものでしょうか。

自然にできてしまうこと

自分が取り組む仕事が、この3つの条件を全て満たしていたら最高ですよね。就活の中で、そういう仕事が見つかればベストです。ある本で、こんな考え方を知りました。

「なんだかよくわからないけど、自然とできちゃうようなことを仕事にすればうまくいく」

それって、きっと自分の持っている才能でしょうか?自然とできるってことは、持って生まれたものであるかもしれず、自分の天職につながっているのかもしれません。

特別努力もせず、苦にならずにすっとできるようなことをそのまま仕事に出来たら幸せですね。

「仕事観」をじっくり考えてみよう

「仕事観」は皆さんそれぞれ違うと思いますが、私の場合は、どうもこんなことが言えるようです。

「仕事してること自体楽しい」
「だから、どんな仕事でも苦にならない」
「仕事すること自体が天職だと思っている」

てな具合です。

「やるべき仕事」が次々と現れる中、没頭してやっているうちに、それらが「できる仕事」に変わっていきます。どんな仕事でもドンと来いだから、全ての仕事が「やりたい仕事」になっている。

そんな毎日を繰り返していると、いろんな仕事が「自然とできるようになっている」かもしれない。

自分にとって、「やりたい」「できる」「やるべき」「自然とできちゃう」仕事って何か?就活本番前にじっくりと考えてみる機会をもちましょう。

おまけ

私がなぜだか自然とできちゃうこと・・・

・周囲の人のモノマネ
・テーブルマジック
・女性歌手の歌のカラオケ
・人前でそれなりに話すこと

さて、これらを活かせる仕事って?芸能界にこれからデビューしてみようかな?

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。