オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/04/17 - 最終更新日:2015/04/17

新卒入社の最初の仕事だからこそ 3年間は頑張って続けましょう

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

49新卒入社の最初の仕事だからこそ3年間は頑張って続けましょう

最低3年間は頑張ることです

就活のアドバイスの中で、よく言うことの1つに、

「最低3年間は最初の仕事を辞めるな!」

というのがあります。

日本では一般的に、仕事はあまり替えない方がいい、長く1つの会社に勤めていたほうがいい、という考え方が普通です。

私は、一概にそれが絶対であるとは思ってません。いわゆるキャリアアップになるような転職や、自分が本当にやりたい天職が見つかった場合など、新しい仕事にチャレンジしていいと思います。でも、採用担当者の立場から言うと、できれば最初の勤め先で3年間は頑張ってみる、ということは、後々のためでもあると思います。

中途採用で職歴が多い人をどう評価するか

新卒採用と同時に中途採用も行います。中途採用では即戦力を求めますから、最も重要視するのは「職歴」です。履歴書でどんな業界、業種、企業で、どんな立場で、どんな仕事の経歴があるのかを見れば、大体の想像がつきます。

そんな中、「極端に多い転職歴」がある人は、結果的になかなか採用につながりません。数ヶ月や1,2年で仕事を転々と替える人は、きっとうちの会社でも長続きしないだろう・・・と、思ってしまうからです。

いろんな人を見てきましたが、経験上最初の仕事が長続きしない人は、その後の仕事も長続きせず、職を転々としているケースが多いと思います。

1つの仕事を理解するのに、やはり数年はかかるものですから、そうした経歴を積んである程度の立場になってから、次のステージを目指すような転職をする人は、新しいところでも活躍しています。

簡単に仕事を辞めるクセをつけないためにも、最初の仕事は、まずは3年は頑張る、ということを心がけてほしいと思います。

新卒の就活の意義は重い

もう1つ理由があります。

新卒時の就活と、転職時の就活は意味が違うからです。転職の際、辞める前に次の仕事が決まっている、という人は、ごくわずかではないかと思います。辞めてから次の仕事を探す人が大半でしょうから、とりあえず食べていくために、早く仕事を決めないといけない。

転職情報を見たり、アルバイト情報誌を使って、自分にできそうな、なるべく給料が高いようなところを急いで探すのではないでしょうか。2,3日、もしかすると1日で就活が終了するかもしれませんね。

でも、新卒時の就活は全く違います。

企業研究、インターンシップ、説明会等を繰り返し、何ヶ月もかけて(早い人なら1年以上)就活をやって、たくさんの企業を受験して、ようやく決まる就職先です。時間も手間もかけての就活ですから、十分に納得して、腰をすえて考えて決まったところのはずです。一般的に中途入社で決まることとは、全く次元の違う就活をやったうえでの就職先だということです。

そんな大事な就職先を短期間で簡単に辞めるのは、履歴書に自分で傷をつけるようなもの、と思って、最初の仕事は3年頑張りましょう、とお話しています。

おまけ

転職時の面接では、必ず前職の「退職理由」を聞かれます。同じ理由ですが、3ヶ月で辞めた人と3年頑張った人とでは、こんなに受け答えは違います。

面接官「前職の退職理由は何ですか?」

Aさん「仕事が大変できつかったので、3ヶ月で退職しました。もう体力も気力も限界で、得るものは少なかったと思います・・・」

Bさん「仕事が大変できつかったのですが、3年間頑張ることができました。厳しい仕事でしたが、何か大事なものを得ることができたかと思っています。」

ね、全然違うでしょう。あなたが面接官だったら、どちらを採用しますか?

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。