オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2021/03/02 - 最終更新日:2021/03/02

求人倍率が低下し買い手市場傾向に? 全体平均だけ見て惑わされるな

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

求人倍率が低下傾向に

3月1日が過ぎました。一応建前上の「就活解禁日」とされており、説明会や就活サイトでのエントリーが可能になるのがこの日です。

各種報道の通り、既に内定をもらっている就活生も多く、20卒、21卒よりも早いペースで進んでいるようです。2月中には内定率が20%近くにまで達しているのではという予測もあり、よりインターンシップ参加者を中心とした早期選考が進んでいるようです。

昨年からの新型コロナウイルスの蔓延によって、就活の様相も大きく変わりました。これを求人倍率の観点から見てみると(リクルートワークス調査)

新卒の求人倍率は、

 20卒 1.77倍 → 21卒1.53倍

と、ずっと倍率が上がってきた傾向が、減少に転じています。売り手市場感が弱まったことになり、就活生にとっては内定を取りづらくなる方向に変わりました。

大企業は依然として買い手市場

しかし、これはあくまでも全体平均の数字であり、企業規模や業界など、実際に自分が目指すところを細かく見ていかないといけません。

従業員数の企業規模別にみると、新卒求人倍率は…

 0.60倍 5000人以上
 1.14倍 1000~4999人
 0.86倍 300~999人
 3.40倍 300人未満

となっています。

いわゆる大企業は、コロナ前と変わらず1.0倍を大きく下回っており、世の中の動向にさほど影響されず、求人倍率は低い、つまり狭き門であるということに変わりません。

300人未満の中小企業は、大きく倍率を下げました。就活生の多くが企業規模の小さいところを志望した、という結果で現れています。これもコロナの影響があるようです。

それでも300人以下のこの企業規模ゾーンでは、倍率はまだ3倍以上あり、売り手市場という傾向は続いています。

流通業界はまだまだ売り手市場

業界別に見ると(20卒→21卒)、

 金融 0.28→0.28
 情報 0.43→0.34

となっており、人気の高い業界は相変わらず「買い手市場」傾向は変わっていません。

大きく求人倍率が変わったのが流通業で、

 流通 11.04→7.28

となっていますが、依然として売り手市場の傾向は変わっていません。

 建築 6.21→6.01

 製造 1.97→1.60

と、やや倍率が低くなっていました。

こうしてみると、大きく求人倍率が変わっているのは「中小企業」と「流通業」が顕著であり、その大きな変化が

全体の平均倍率の低下に影響していると思われます。

どんなデータもそうですが、大きな全体平均に惑わされることなく、自分が志望する小さな単位でしっかりと見て、対策する必要があります。

<おまけ>

東京に転勤する部下を送り出しました。約2年間、北海道での勤務でした。やはり北海道は食べ物がおいしかったようで、最後にグルメラッシュの日々を過ごしていたようです。

確認した範囲では、ラーメン、回転寿司、焼肉など。それと帯広に行った際は、インデアンカレーをしっかりと抑えたようです。

 

 

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+ ゚*。:゚+.゚*。:゚+

北のビジネス最前線(HBCテレビ)YouTube

オカモトグループの人事理念がわかるテレビ放送

「つとめてよかった、やめたらダメよ」

 

 

~●エントリーはこちらから●~
<2022卒用>

https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp64892/outline.html

 

~●WEB動画で会社を理解!●~

【コロナでわかった!オカモトグループの底力!】

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。