オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2016/12/09 - 最終更新日:2016/12/09

「自分」を売り込む就活に「商品」を売り込むマーケティングがヒントになる

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

206%e3%80%8c%e8%87%aa%e5%88%86%e3%80%8d%e3%82%92%e5%a3%b2%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%82%80%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%80%80%e3%80%8c%e5%95%86%e5%93%81%e3%80%8d%e3%82%92%e5%a3%b2%e3%82%8a%e8%be%bc

就活にマーケティングの概念を持とう

就活にはマーケティングの概念が役立つはずだ、ということを前回述べましたが、わかりやすい事例を取り上げたいと思います。

マーケティングの仕事の中で、必ずやるであろう事の1つに、

「市場調査」

というのがあります。

商品を販売するのに市場、つまり消費者が

・どのような意識や考えを持ち
・どのような商品行動を起こしているのか?
・何を欲しがっているのか?

などを調べることです。

商品を売り込むのと自分を売り込むのは同じ

ミスマッチの商品を作ったり、販売しようとしても、そもそも市場に受け入れられないのであれば売れるはずがありません。

受け入れられるのか?売れるのか?を想定する市場調査という仕事はとても大事です。

就職活動でも、企業研究というリサーチ、つまり市場調査のようなことをします。

自分が志望する、あるいは興味のある企業は、

・どのような人材を求めているのか?
・どのような経験や知識、スキルを求めているのか?
・そしてそれが自分の自己分析とマッチしているのか?

しっかりやるほど、どのくらいあるのか想像できますよね。

ビジネスで商品を売り込むために必要なことと、就活で自分を売り込むために必要なことって、

ほぼ同じ手法で考えられるものだと思います。

自己分析と企業研究のバランスも大事

企業研究も大事だけれど、自己分析とセットになって、初めて意味のあることになることも忘れてはいけない。

ともすると・・・

有名、大手だからという理由だけで企業研究に走り、果たして自分に合っているかなど考えていなかったり・・・

逆に、

自己分析ばかりやって、やればやるほど迷宮に入り、企業研究をやる前に疲弊してしまったり、

なんてことにもなりかねない。

上手にバランスよく、自己分析をしながら、企業研究にも取り掛かり、いい就活スタートをきりたいものですね。

<おまけ>

自己分析だけやっても意味がない、企業研究とセットでしっかりやることで、本当の意味での価値ある就活となります。

オカモトグループの本番直前のインターンシップでは、こうした自己分析やマッチングといった観点からの、就職活動サポートコンテンツも、盛りだくさんで予定しています。

開催日程
2017年  1月21日(土)
2017年  2月18日(土)
2017年  2月26日(日)

詳しくはこちらを・・・!
(詳しくは ↓「マイナビ2018」より)
https://job.mynavi.jp/18/pc/corpinfo/displayInternship/index?corpId=64892&optNo=7MNes

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。