オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2017/03/03 - 最終更新日:2017/03/03

就活生必見!合同企業説明会での効率的な回り方4つのポイント

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

230就活生必見! 合同企業説明会での効率的な回り方 4つのポイント

 

3月の就活生は忙しい!

3月に入ると合同企業説明会が目白押しです。

今年はこんなスケジュール感では?と聞きました。

3月上旬 合同企業説明会にフル参加する
3月中旬 単独会社説明会にフル参加する
3月下旬 エントリーシート書きに集中する
4月~  選考試験を受けまくる

より短期決戦化に拍車がかかるようで、就活生も採用担当者も多忙をきわめそうです。

企業と直接出会う場所として、
「合同企業説明会」(合説)は有益な場です!

インターンシップなどで、既にある程度は志望企業を絞っている人も多いようですが、ぜひ、合説で新たな企業発見もしたいですね。

今回は、合同企業説明会でいかに上手に企業回りをするか?というポイントについて。

時間を無駄に使わない

たくさんの企業が集まり、また、たくさんの就活生も集結する場ですから、上手に考えて回らないと、無駄な時間を費やしてしまうことになるかもしれません・・・

ポイントはズバリ、以下の通り。

①空いているところから回る
②意中の企業は必ず押さえる
③気になる会社は直感のままに
④体力と気力のある限り回り続ける

このポイントで、合説対策もバッチリです。

 

①空いているところから回る
②意中の企業は必ず押さえる

「ここだけは聞いておきたい」という企業はたくさんあるはずですが、きっと人気企業で皆殺到している可能性が高い。

後ろに並んで、無駄な待ち時間を過ごすよりも、すぐに話を聞けるところから回るのが理想。

後半になると早く帰る就活生も多くなりますから、人気企業でも比較的待たずに話を聞くことができると思います。

採用担当としては、真っ先に来てくれたらそれはそれで嬉しいですが、膨大な数の人と接するわけですから、いつ聞いていたかは、プラスにもマイナスにもはたらかないと思いますよ。

直感を大切に最後まで

③気になる会社は直感のままに
④体力と気力のある限り回り続ける

広い会場を歩き回っていると、直感的に

「なんか気になる!」

企業が目につくと思います。
こういう場合どうしたらいいか?

「本能的に話を聞きに行く」が正解!

(きっと正解です)

直感というのは、大体において正しいものです。
最初にいいと思ったらいいものだし、逆もある。

だから、理由はないけれど気になる企業があったら、後悔しないように、迷わず話を聞いておくことです。

それから、体力と気力のある限り、いや、体力と気力がなくなっても、回り続けること。

短時間でたくさんの企業と直接話ができる、就活の中で最も貴重ともいえる機会が、合同企業説明会です。

だから、以下のことは厳禁・・・

・どこにしようかな・・・と迷い続ける
・無目的にひたすら歩き回る
・椅子に座ってスマホやおしゃべり

企業の話を聞くことが目的です。
頑張って時間の許す限り、ブースにいましょう!

<おまけ>

オカモトグループの新入社員の大半は、

「合同企業説明会で初めて知った」
「なんか気になったから話を聞いてみた」

という人ばかりです。

あと、

説明会の後半は意外と空いていて、採用担当もヒマしていることも多く、そういう時に来てくれた就活生は、しっかりと記憶に残るものなんですね~。

オカモトグループの採用情報
(詳しくは ↓「マイナビ2018」より)

https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp64892/outline.html

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。