オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2018/02/06 - 最終更新日:2018/02/06

就活で一番気になる「面接」を体感できる模擬面接ありのインターンシップが熱い!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

0001

就活で一番気になるものは…?

就活も本番間近・・・!

自己分析もしなきゃ…
企業研究も…
履歴書を書かなきゃ…
エントリーシートはどうする…?
面接対策は…?

など、やらなきゃならないことが目白押しで、落ち着かない毎日になっている人もいるかも。

でも、ここは落ち着いて冷静になって考えて、1つ1つやることをリストアップして、カレンダーや手帳に書いたりして、スケジューリングからやっておきたいですね。

そんな中、たぶん就活生が最も気になる、選考試験の最大の山場と皆が思っていること、

「THE面接」

について、こんなトレーニング方法はどうでしょうか?

本番さながらの模擬面接トレーニング

オカモトグループのインターンシップの中で、実際やっている模擬面接トレーニングの事例です。

・実際のグループ面接と同じ設定で行います
・面接官は実際の面接官が本番と同じように行います
・動画で撮影して自分の姿を確認できる

こんな模擬面接トレーニングを行っています。

s-IMG_1161
(緊張感たっぷりに面接官の前に立つ就活生達)

就活生が(ほぼ)初対面の大人である面接官、それも百戦錬磨の経験豊富なビジネスマンと相対するわけですから、緊張するなというのが無理というものです。

緊張しないコツもいろいろありますが、一番の特効薬は…

「慣れること!」

です。

面接と同じシチュエーションは普段の生活の中でほとんどありませんが、意識して大人と真剣に、真面目に話す機会を多く持つことで、大人に「慣れる」ことは可能ですよね。

両親、バイト先の上司、学校の先生、キャリア支援課の人、いろんなインターンシップへの参加・・・などで、とにかく多くの大人達とたくさん話してみてはどうでしょうか?

模擬面接を動画で撮影する

もう1つ、オカモトグループのインターンシップでおススメしているのが、

「模擬面接の自分の姿を撮影する」

ということです。参加している就活生同士でスマホで撮影しあいます。

s-IMG_1162
(面接官目線で動画を撮影しています)

撮影される方は、

・より緊張感たっぷりの修羅場(?)を体験できる
・自分の立ち振る舞いを動画で確認できる
・他の人と比較して自分を客観視できる

など、動画で撮影することで、多くのヒントを得る事ができます。
また、撮影する側からも、面接官目線で面接を体験することができ、貴重な経験値を持つこともできます。

皆、カチカチになったり、答えが思い浮かばず頭が真っ白になったりしていますが、本番さながらの模擬面接でたくさん失敗しておけば、本番はきっとバッチリのはず!

こんなインターンシップも2月にあと2回予定しています。
定員間近!申し込みは早い者勝ち!ぜひ!

 <おまけ>

日本列島大寒波で大変でしたが、出張で帯広にやってきた東京や大阪の採用担当者達が、人生初の氷点下20度を体感して、大喜び(騒ぎ)していました。

中には革靴に滑り止めのゴムベルトを装着して、滑らないように対策している人もおり、厳冬期の北海道を満喫していました。(あの滑り止めのベルトは初めて見ました!)

 

●インターンシップ(札幌市内)受付中!
2/17、18
~18業種の業界研究&就活力UP教育研修体験~

★参加者に 「オリジナル就活ノート」 プレゼント中!

( ↓ マイナビサイト)

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp64892/outline.html

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。