オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2014/12/09 - 最終更新日:2014/12/09

「見えないところ」に秘訣がある

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

⑫見えないところに秘訣がある

倉庫の中が意外にも注目の的に

先日、インターンシップでスポーツクラブ(JOYFIT札幌宮の沢)の仕事を体験してもらいました。スタジオプログラムの体験や、マシンジムの使い方、メンテナンス、清掃など、様々な現場の仕事を体験してもらいました。その中で「倉庫」の中を見てもらい、保管状況を説明したのですが、それが意外にも好評でした。

当社では「トヨタ生産方式」を取り入れて、効率的な仕事が出来るよう工夫をしています。倉庫では、在庫商品や備品類の整理整頓をはじめ、追加発注を無駄なく行うようにするとか、様々なアイデアが詰まっています。ただ物品が並んでいるだけでなく、一目瞭然にどこに何があるのか、探す手間が極力なくなるようになっており、引き出しには画像つきの札が貼ってあって、足りなくなったらどの時点でどこにどれだけ発注すればいいか、などもわかるようになってます。

手前味噌ながら、なかなか優れた仕組みがあるんですね。

見えないところを見ましょう

インターンシップや会社訪問等で、見るべきポイントがあります。それは、普段は見ることが出来ないところ、お客様の視点では見えないところなどにフォーカスする。意外な発見がたくさんあると思いますよ。お客様として素晴らしいお店だな、と思うことはもちろんありますが、本当に素晴らしいのは、その素晴らしいお店をどうやって運営しているのか、どのような企業方針があるのか、社風があるのかなど「見えない」部分に秘訣があります。

「見えないところ」 がポイントなんですね。

誰でも見ることができるものは、すぐにマネされます。マネされたら競争力を失います。でも「見えないところ」は簡単にマネされませんから、企業秘密として大事にされます。見える部分は氷山の一角のように、ごく一部分でしかありません。大事な部分の大半は、倉庫や事務所、また、企業理念や社風、社内のチームワークなどのような「見えないところ」にたくさんあります。

見えないところを見せてもらいましょう

インターンシップや企業訪問では、普通では見えないところを見せてももらうことをオススメします。ちゃんとした会社なら、ピシっと清掃され整理整頓されてるはずです。だらしない会社は、見えないところからだらしくなくなりますからね。学生にちゃんと向きあう企業なら、堂々と見せてくれると思います。見せてくれないとしたら、何か見られたら困ることがあるとか、だらしないところは隠したいとか、あんまり良くない思惑があるのかな・・?と思います。

「見えない部分」をしっかり見て就活しましょう!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。