オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2022/01/04 - 最終更新日:2022/01/04

「良い会社の条件」とは? 自分軸・価値観を持って企業選びを!

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

就活生の1月の過ごし方

年が明けて1月になると、就活のモードも本番に近い形になりつつあります。

 ・早期選考が行われているという話もちらほら聞こえたり…

 ・この時期のインターンシップは内容がほぼ会社説明会だったり…

コロナのオミクロン株で第6波がやってくるかも?という予測もあったりで、3月以降の就活本番時期がどうなるかも不透明な状況です。

やはり早め、早めに準備を進めておいて、出遅れることだけは避けておきたいですね。

志望企業の絞り込みは進んでいますか?

「よい会社」とは?

企業の絞り込みのポイントはいくつもありますが、様々なサイトでよく目にするのは次の3つです。

 ①社風
 ②待遇
 ③スキルアップ

社風や待遇が良く、入社後のスキルアップも可能な会社。いいですねえ、そんな会社に入ることができたら安心でしょう!

でも「社風が良い」「待遇が良い」ってどういうことでしょうか?何を基準に良いと評価するのか…?

ズバリ「自分軸」で考えて良い社風か?良い待遇か?スキルアップは適しているのか?を考えましょう。

「社風が良い」と一言でいっても、ある人にとっては良く、ある人にとってはそうではない場合もあります。

「社内で飲み会が多くあり、先輩社員たちと個人的に話す機会がたくさんある会社」はどうでしょう?「明るく仲の良い社風」と思う人もいれば、「付き合いが面倒くさそうで合わない」と思う人もいるでしょう。

自分軸、価値観をしっかり持とう

待遇が良い会社は人気もありますが、なぜ待遇が良いのかも考えるが必要あります。

給料が高い分、仕事はハードであったり、退職者が多く待遇で釣ろうとしていたり、給料の中にみなし残業時間がたっぷり入っていたり…。

その待遇の良さは自分にとって、本当に良いものでしょうか?スキルアップについても、どんな風にスキルアップが可能になるのか?そのプロセスは自分にとって好ましいものなのか…?

企業は自社を上手にプレゼンします。良い会社と思われるように説明します。その「良さ」というものをしっかりと深く理解して、それは自分にとって、自分の価値基準と照らし合わせて良いのか?どうなのか?

安易なセールストークに踊らされて企業選びを間違えないよう、まずは自分軸を固めることから見直してみると良いと思います。

就活本番の年が明けました。就活生の皆さんが、納得できる進路になりますよう!

おまけ

「一年の計は元旦にあり」といいます。今年の一番の目標は2年ぶりのフルマラソン完走です。コロナや東京五輪で中止が続きましたが、やはりレースがないとモチベーションの維持も難しく?昨年は年間1200kmほどのランニングに終わりました(例年は1300~1400km)。毎年のことですが、今年こそ何年かぶりの、自己ベスト更新を目指します!

 

 

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+ ゚*。:゚+.゚*。:゚+

北のビジネス最前線(HBCテレビ)YouTube

オカモトグループの人事理念がわかるテレビ放送

「つとめてよかった、やめたらダメよ」

 

 

~●エントリーはこちらから●~

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。