オカモトグループ採用サイト|株式会社オカモト(北海道帯広本社)

公開日: 2015/08/04 - 最終更新日:2015/08/04

いよいよ来ました!最終の役員面接オカモトグループは一次選考から役員面接

中西 創中西 創
  • シェア
  • twitter

79いよいよ来ました最終の役員面接オカモトグループは一次選考から役員面接

いよいよ役員面接です!

いよいよ最終選考となりました。最終選考の面接は、もちろん・・・

「役員面接です!」(ジャーン)

超!緊張!偉い人ばかりでどうしよう・・・?難しい質問がどんどん来るだろうな・・・ たくさんのオジサン達に囲まれて、叩きのめされて・・・ もう耐えられない・・・

そんな気分になるのが、一般的な選考試験の姿なのでしょうが、オカモトグループでは、役員が登場する場面は ちょっと違います。

というか、実はだいぶ違います。

初っ端から役員面接があります

オカモトグループの役員面接は、いつやるのかというと・・・

なんと!

「一次選考試験」から役員面接があります!

オカモトグループでは、人物重視の選考をするので、大手企業などとは異なり、大学の偏差値中心で書類選考をするようなことは致しません!よって、全員一次選考では通常グループ面接を受けてもらうことになり、その面接官は、グループの専務である私が行っています。

つまり、一次選考試験から、役員面接をしています。(いろいろ聞いた話では、あまり例がないようです)

普通は若手の社員が一次面接とかを担当するとか、人事部の社員が行うとか、が多いのでしょうか?

一次選考から役員が登場するのはなぜかというと、それだけ人財採用に力を入れているから!です。

役員面接は早い段階からやるべし

実際には、一次選考から最終選考まで、自分一人ではなく、複数の人と一緒に面接官を務めます。

人を見る視点は自分だけの偏ったものにならないよう、若い社員の目、女性の目なども通して、様々なフィルターを通して判断するように心がけています。

一般的に、人は自分の存在を脅かすような優秀な人は採用しない、という話があります。また、様々な経験値を通して人を見る目を養ってきた、役員の目というのは、そんじょそこらの若い人とは、比べ物にならないパワーも持っています。

若手に任せるのもいいですが、実はすごい可能性のある将来の金の卵を見抜けなかったら・・・とか、自分の選り好みで正しい判断ができなかったら・・・。役員選考前にそういう逸材が落とされてしまうことは、企業にとってなんとも勿体ない話です。

逆に、最初から役員の目で広く可能性のある人を見極め、選考回数を重ねる中、若い人の意見も参考にして、正しい人物評価をしていく、というのが当社のスタンスです。

てなわけですから、最初から役員面接がある、と思って、オカモトグループには かかってきてくださいね。

おまけ

「それではこれから一次選考面接を行います。一次選考はいきなりですが、役員面接です。専務である私が面接官を務めます!」

まずは一次選考クリアだ!と意気込んできたであろう就活生にこう切り込むと、皆、「ええっ?」という顔をします。

そのリアクションを楽しみながら、オカモトグループの一次選考面接は始まるんですね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
中西 創

中西 創

帯広畜産大学卒。1991年オカモトグループ入社。経営企画室やRMC社長職を経て、2014年4月(株)オカモトホールディングス専務執行役員 グループ人事統括本部 本部長に就任。オカモトグループ チーフスカウトとして採用・教育等も担当。チャレンジャーを応援する天職アドバイザー。マラソン、マジック等多趣味。座右の銘は「従流志不変」。社内愛称は「デューク」。